アルアカ - Arcadia Academia

Arcadia Academiaは「エンジニアリングを楽しむ」を合言葉に日本のデジタル競争力を高めることをミッションとするテックコミュニティです。

Gitについて初心者向けに解説

Featured image of the post

Gitは、ソフトウェア開発で広く使用されているバージョン管理システムです。

今回はGitについて初心者向けに解説していきたいと思います。

1. Gitとは?

Gitは、ファイルの変更履歴を管理するツールで、複数人が同じプロジェクトで作業する際に便利です。コードの変更履歴を保存し、過去のバージョンに戻すことができます。

2. 基本的なコマンド
  • git init: 新しいGitリポジトリを作成します。
  • git clone [URL]: 既存のリポジトリをコピーします。
  • git add [ファイル]: 変更をステージングします。
  • git commit -m "メッセージ": ステージされた変更をコミットします。
  • git push: ローカルの変更をリモートリポジトリに送信します。
  • git pull: リモートリポジトリから最新の変更を取得します。
3. リポジトリとブランチ
  • リポジトリ: プロジェクトの管理場所です。
  • ブランチ: 開発の分岐点を作成し、異なる機能や修正を並行して進めることができます。mainブランチが主な作業のベースになります。
4. コミットと履歴
  • コミット: ファイルのスナップショットを作成します。各コミットにはメッセージが付き、変更の理由を記録します。
  • ログ: git logコマンドで過去のコミット履歴を確認できます。
5. マージとコンフリクト
  • マージ: 異なるブランチの変更を統合します。
  • コンフリクト: 同じファイルの同じ部分が異なるブランチで変更されると、マージ時にコンフリクトが発生します。手動で解決する必要があります。
6. リモートリポジトリ
  • リモートリポジトリ: GitHubやGitLabなどのサービスを使用して、リモートリポジトリをホストできます。これにより、インターネット経由でコラボレーションが可能になります。
7. 基本的なワークフロー
  1. クローン: git cloneでリモートリポジトリをローカルにコピーします。
  2. 作業: ファイルを編集し、変更をgit addでステージします。
  3. コミット: git commit -m "メッセージ"で変更を記録します。
  4. プッシュ: git pushでリモートリポジトリに変更を送信します。
  5. プル: git pullでリモートリポジトリから最新の変更を取得します。

この解説が、Gitを理解し始める助けになれば幸いです。

最近では、安野たかひろ氏の「オープンソースGitHubで政策を管理、どなたでも変更提案」「24時間AIタウンミーティング」などでGitが話題になりました。

情報元の動画を見る

GitおよびGithubのようなバージョン管理システムは、ソフトウェア開発だけでなく、政策案のような公的な文書の管理やさまざまなドキュメント管理に活躍の場を広げていく未来が創造できます。

これから先、そう遠くない未来でGitのようなバージョン管理システムは、エンジニアはもちろん非エンジニアにとっても必修の技術となっていくのではないでしょうか。

Icon in a callout block
余談
Gitを開発したのはLinuxの生みの親であるLinus Torvalds(リーナス・トーバルズ)ですが、わずか2週間足らずでGitを作ったというのは、かなりパンチのある逸話です。

参考資料



▼ 目次