アルアカ - Arcadia Academia

Arcadia Academiaは「エンジニアリングを楽しむ」を合言葉に日本のデジタル競争力を高めることをミッションとするテックコミュニティです。

Gitを使った開発手順

Featured image of the post
1. Gitのインストールと利用のための準備

まず、Gitをインストールする必要があります。以下のリンクからインストールしてください。

2. Gitリポジトリの作成
  1. リポジトリの初期化
    git init

    これで現在のディレクトリがGitリポジトリとして初期化されます。

  2. 既存のリポジトリをクローン
    bashコードをコピーする
    git clone <リポジトリのURL>

    これにより、リモートリポジトリがローカルにコピーされます。

3. 基本的な操作
  1. ステージングエリアにファイルを追加
    git add <ファイル名>

    変更をステージングエリアに追加します。すべてのファイルを追加する場合は . を使用します。

    git add .
  2. コミット
    git commit -m "コミットメッセージ"

    ステージングエリアの変更をリポジトリに記録します。

  3. リモートリポジトリにプッシュ
    git push origin <ブランチ名>

    変更をリモートリポジトリに送信します。

  4. リモートリポジトリからプル
    git pull origin <ブランチ名>

    リモートリポジトリから最新の変更を取得します。

4. ブランチ操作
  1. 新しいブランチを作成してチェックアウト
    git checkout -b <ブランチ名>

    新しいブランチを作成し、切り替えます。

  2. 既存のブランチに切り替え
    git switch <ブランチ名>
  3. ブランチの削除
    git branch -d <ブランチ名>

    ローカルブランチを削除します。

5. マージ操作
  1. ブランチをマージ
    git switch <マージ先のブランチ>
    git merge <マージするブランチ>
  2. マージコンフリクトの解消
    コンフリクトが発生した場合、該当ファイルを編集してコンフリクトを解消します。解消後、以下のコマンドを実行します。
    git add <コンフリクト解消したファイル>
    git commit
6. リモートリポジトリの管理
  1. リモートリポジトリの追加
    git remote add origin <リポジトリのURL>
  2. リモートリポジトリの一覧表示
    git remote -v
7. その他便利なコマンド
  1. リポジトリのステータス確認
    git status
  2. コミットログの表示
    git log
  3. 変更の取り消し
    • ステージングエリアから削除
      git reset <ファイル名>
    • 最後のコミットを取り消し
      git reset --soft HEAD~
    • ファイルの変更を元に戻す
      git checkout -- <ファイル名>

まとめ

今回はGitおよびGithubの開発の基本的な流れを解説しました。

最後まで読んで頂きましてありがとうございました。

Icon in a callout block
実際の開発ではCLIでのコマンド操作だけではなくGitクライアントと呼ばれるGUIでGitを操作することが出来るツールを使う場合もあるよ!



▼ 目次